ごはんで応援!健康と未来〜函館清尚学院高等学校
みなさんこんにちは!佐藤香南です(。・ω・。)


最近は気温の高低差があり、暑くなったり寒くなったり…体調は崩されていませんか?
季節の変わり目で風邪をひかないように、たくさんごはんを食べて代謝UPしていきたいですね💪( ^ω^ )


突然ですがこちら、ある日の私のおやつ🍙(お昼ご飯ではありません)
IMG_1956.jpg

私は最近、お仕事以外でも習い事などで体力を使うことが多く、
また帰りが遅くなってしまうこともあるのでご飯を食べてエネルギーを保持しています。
おかげで集中して取り組むことができます✨

おにぎり屋さんのおにぎりは最高✨
幸せなひとときです😌💗





さて、私は9月11日に函館清尚学院高等学校にて行われました、
ごはんで応援!健康と未来」のお手伝いをしてまいりましたのでそのご報告です!

昨年もお邪魔しました清尚学院さんですが、
生徒のみなさんは元気いっぱい!今年もお会いできる事を楽しみにしてました✨


まずは、料理研究家の坂下美樹先生による講話「ご飯の働きと食べ方」です。

RIMG0833.jpg


お米は炭水化物(糖質)が多く含まれているため、ネガティブなイメージをつけられがち、、
ですが、きちんと摂ることで本当は日本人の体質に合っているとっても良い食材なんですよ!
その理由や食べ方をいくつか紹介してくださいました。


1.食物繊維で排出力UP!
お米には炭水化物だけではなくミネラルやアミノ酸などたくさんの栄養素が含まれています。
その中でも注目すべきは食物繊維!
野菜や海藻類のイメージが強いですが実はお米にもごはん一杯150gに対して約0.5gの食物繊維が含まれています。
腸のぜん動運動を促し、老廃物の排出力を高めます!


2.粒食で血糖値の急上昇を抑える
粒食であるお米は吸収がゆっくりなため、粉でできているものに比べて血糖値の上昇が緩やか。
腹持ちがいいのもお米の魅力です。
さらにスローカロリー(野菜などから先に食べる事)を意識すると脂肪の蓄積を抑えてより効果的です。


3.ご飯を中心に献立を考えて和食に
「和食」はユネスコ無形文化遺産に登録されたことはご存知かもしれませんが、
決め手は見た目の美しさや味だけではなく「健康的な食生活を支える栄養バランス」も理由のひとつなんです。
白いご飯と野菜たっぷりお味噌汁、実はそれだけでもアミノ酸バランスが整い栄養価が高まります。

また、ご飯:副菜:主菜=3:2:1の割合が良いとされ、代謝をうながし身体の老化も遅らせるとされています。

IMG_2282.jpg


炭水化物=糖質=太る
と思われがちですが、脳の栄養には糖が必要不可欠。
欠如してしまうと筋肉や骨から栄養がとられてしまい逆効果に…

最近、見た目は細いのに体脂肪率が高い「隠れ肥満」が特に若い女性に多く見られるようです。
見た目の良さだけではなく、内側から健康的で美しくいたいですよね✨




坂下先生の講話とあとは北海道米3品種食べ比べです。

ゆめぴりか・ななつぼし・ふっくりんこを食べ比べてどれか予想してもらいました!
RIMG0847.jpg
みなさん一生懸命考えてくれました😭✨

さすが調理科のみなさん、全問正解の方もたくさんいらっしゃいました!
これからの調理の道に少しでもお役に立てたら嬉しいです。


そして最後はみなさんお待ちかねの🍳調理実習🍳の時間です!

RIMG0851.jpg


今回のメニューはこちら!

IMG_6097.jpg

豚バラ大根巻き
道南野菜具沢山みそ汁
ポテトとプルーンのヨーグルトケーキ


なんと!調味料以外全てが道南食材ということで
ひこま豚や厚沢部のメークインなどたくさんの地元食材が用意されました✨

そして函館といえばご飯はふっくりんこ
道南の農業試験場で平成15年に生まれたふっくりんこ。
はじめは函館限定販売のお米でしたが、その評判が広まり今は北海道だけでなく全国の至る所で愛されるお米になりました🌾


みなさん短い時間でしっかりと完成できてさすがでした!
私も一緒に頂きましたが、とっても美味しかったです💕

RIMG0873.jpg
私も一緒に調理のお手伝いをさせていだきました!
(配膳だけじゃないですよ!笑)






清尚学院高校のみなさんは本当に元気がいっぱいで、楽しい時間を過ごすことができました♫
気さくに声をかけてくれて嬉しかったです😊

調理科ということで調理師やシェフを目指す生徒さんも多く、自分の将来に真剣に向き合っている姿に私も頑張らなきゃ!と力をもらった一日となりました。
みなさん応援してます☺️✨

IMG_6107.jpg


清尚学院のみなさん、関係者のみなさま、
誠にありがとうございました!

佐藤香南
[2019/09/16 20:50 ] | 佐藤香南 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |