北海道米と地元食材を使った乳和食講座in厚岸



みなさん、こんばんは♪

岡田紫央里です♡


沖縄から帰ってきてすぐに

今度は厚岸へ飛びました♪



2月6日(火)

厚岸味覚ターミナルコンキリエで行われました


北海道米と地元食材を使った
乳和食講座in厚岸



盛彩奈ちゃんと行ってきましたので
報告です♪



このイベントは

酪農地帯で沿岸地域の厚岸町において

地元JA女性部や消費者団体と連携した上で

地元食材と地元牛乳を使った《乳和食》

料理講座を開催することで

「ごはん食は太る」といった間違ったイメージの払拭と

「ごはん食」を食べることの具体的なメリットを発信し、

「ごはん食の消費拡大」を図るべく開催されました!



今回は、

酪農学園大学食物利用学研究室 助教 宮崎早花さん

を講師にお招きし

地元の牛乳ブランド

『あっけし極みるく』


や地元の『かき』『あさり』

北海道産豚肉など地元食材に注目して

乳和食をメインに講演していただきました!!



全体の進行は盛が担当し、




私は宮崎先生の調理デモのお手伝いや

北海道米三3品種の食べ比べを担当させて頂きました。





北海道米3品種

『ゆめぴりか』『ななつぼし』『ふっくりんこ』

この3品種を食べ比べて頂いたのですが

『ゆめぴりか』がダントツの人気でしたね♪


さらに、参加者のみなさんから

『ブレンドしたりするのも、いいかもね〜!』

と、仰って頂いたり

自分好や、料理に合わせて

どのようにしたらもっと美味しく

北海道米を食べられるのか、、、

というのを真剣に考えてくださる方が多く

食べ比べへの、参加もとても熱心で嬉しかったです!




宮崎先生の乳和食 調理デモでは

カキフライに

タマゴを使わず

水気をとって塩コショウした牡蠣に牛乳と薄力粉を混ぜたものをつけて
そのままパン粉をつけて揚げる!

という調理法で

なんと、タマゴを使わず牛乳で衣をつける事で

油も汚れにくいんだそうです♪♪

すごいですよね♪♪

私、感激しました!!笑



みなさん、でてきた

あっけし極みるく弁当を食べて

美味しい!美味しい!と満足そうな表情をしていました♪


なんと!!!

『厚岸味覚ターミナル』での開催という事もあり

道の駅レストランの協力のもと

今回のレシピを使った新作メニュー

『あっけし極みるく定食』

を1ヶ月間

2月27日~3月26日

の期間限定で提供されるそうです!!


気になった方は是非!

いちど食べてみてください\(^o^)/





お世話になりました関係者のみなさん
今回も、本当にありがとうございました!!
[2018/02/21 20:21 ] | 2015年度のブログ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<調理師養成専門学校企画「北海道のお米をもっと身近に。」 | ホーム | 親子ごはん塾>>
コメント
厚岸といえば、スピードスケートの佐藤綾乃選手の出身地として知られていますね。本当に平昌オリンピックのスピードスケートの活躍は、全ての国民を感動させました。特にこの厚岸においては、それはもう、町あげてのお祭り騒ぎではなかったでしょうか。コンキリエの方でも特別な催しが行われた、とニュースでも報じられ、自分のことのように喜びを爆発させる姿、感動が伝わってきました。
そういった選手をつくりあげたのは、やっぱり食育ではないでしょうか。この金メダルを獲るまでに何千本、いや何万本も走り込むこと、相当なエネルギーを使います。だからこそ、皆さんがしっかりとそのことをPRしていただきたい。そうすれば佐藤選手に続く人材がどんどん育つように思えてならないのです。
道東はこれといった米どころは見当たりませんが、他県米の進出を食い止めるためにも、皆さんの努力が必要不可欠です。まさに佐藤選手のみならず、平昌オリンピックの日本選手の大活躍は、千載一遇のPRのチャンスです。
[2018/02/25 09:11]| URL | ななりん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad