名寄赤飯の日2017
皆さんこんにちはー★

渡邊汐里です(*^^*)








11月23日は祝日で、勤労感謝の日ですが

タイトルの通り、

「お赤飯の日」

でもあるんですよ♪





ということで、

もち米の作付け面積日本一!!を誇る

名寄へ行って参りましたよ~(^^)★






イベントが行われたのは、

駅前交流プラザ「よろーな」。




11月23日に日本の文化、お赤飯を見直していただき、

勤労されている全ての方に感謝するとともに、

日本一である地元の名寄のもち米、
「はくちょうもち」を使ったお赤飯を
ぜひ皆様にご賞味いただきたい!という

名寄市もち米生産組合の皆さんの想いにより、

300食限定で無料配布されました!


20171221sw04.jpg





会場には名寄市の観光キャラクター、

なよろうも駆けつけてくれていました★


20171221sw05.jpg






ところで、

どうして11月23日が「お赤飯の日」なのか??



皆さんに楽しく知ってもらいたい!

ということで今年は名寄市もち米生産組合の皆さんによる
寸劇がありました!!(^^)




勤労感謝の日でもある11月23日は

その昔「新嘗祭(にいなめさい)」といわれ、

その年に収穫した新穀を神様に捧げて

感謝をする日だったのだそうですよ(^^)


20171221sw03.jpg


会場からは時折温かい笑いが聞こえてきました(*^_^*)

(わたしも心の中で爆笑しておりました。笑)

きっと、皆さんの印象に強く残ったことと想います!!(^^)






今はなかなかお赤飯を食べる機会が少なくなってしまいましたが、

ハレの日やお祝いごとにはお赤飯を食べる。

これは日本の素晴らしい食文化ですよね(*^^*)







会場には朝早くからたくさんの方がお越しくださって、

あっという間に配布終了となりました!



「毎年楽しみにしてるんだよ」

「自分で作るより美味しい!」



などなど、嬉しいお言葉をたくさんいただきました(*^^*)





やっぱり、
お赤飯って何だか温かみと有難みがあると思うんです(*^_^*)

久しぶりに食べるとなんだか心がほっこりするんですよね♪




今は炊飯器でも簡単にお赤飯を作ることができますので、

ぜひご家庭でもお赤飯を召し上がっていただきたいと思います♪








ご来場の皆様、関係者の皆様
ありがとうございました!


渡邊 汐里
[2017/12/21 00:51 ] | 2015年度のブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<『見直そう「お米」の役割りと北海道米の幅広い用途』セミナー | ホーム | 第7回 米-1グランプリinらんこし>>
コメント
Re: タイトルなし
なんりんさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。

風連町のお餅と言えば、毎年ホクレン大収穫祭で出店されている
大福餅を思い出します(^^)

はくちょうもちは柔らかくてとっても美味しいお赤飯になりますよね♪
北海道の餅米もLOVEです(^o^)
お赤飯と黒米の縞模様・・・なんだかとってもおめでたくて栄養もありそうです!(^^)
[2017/12/23 13:14]| URL | ミス北海道米 #- [ 編集 ]
名寄、というよりも、合併前の風連町と言った方が、餅米に関してはピンと来ます。よく新年第1回目の「日高晤郎ショー」で、餅つきの実演をしてくれることから、風連町は餅米の町、というイメージが定着しました。
赤飯を作るときも餅米を使いますね。めでたいときは北海道の餅米で作る赤飯が一番ですね。
あっ、そうそう。今年はコンサドーレがJ1残留に成功したので、赤飯と黒米のご飯で縞模様にして「コンサドーレ飯」なんていうのもいかがでしょうか?これならば来年はACLへの出場権を獲得できるかもしれませんね。
[2017/12/21 20:30]| URL | ななりん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad