北海道米と地元食材を使った地域振興in釧路





みなさん、こんにちは!

岡田紫央里です♡



12月10日

釧路プリンスホテルで行われました


北海道米と地元食材を使った地域振興in釧路
実感!米どころ北海道


へ盛彩奈ちゃんと行って参りましたので

報告させて頂きますね♪





今回の、セミナーでは

盛彩奈ちゃんが司会進行を務めましたよ♪



私は北海道米3品種の

食べ比べを担当させて頂きました!


そして、

「お米と観光・地域づくり」と題して

慶應義塾大学大学院特任教授
北海道大学大学院客員教授の

林 美香子様






「北海道米に切り替えたその時」と題して

株式会社札米 代表取締役

亀井 勇弥様






「お米の栄養と釧路の食材」と題して

株式会社なごみの食卓 代表取締役
料理研究家 管理栄養士

坂下 美樹様





からそれぞれご講演頂きました。


さらに!このセミナーでは

途中で釧路の食材を使ったビュッフェランチがあったりと

楽しい企画もありました♪


とても美味しいメニューでしたよ〜!

切昆布の佃煮・鱈の子和え・鹿肉時雨煮
秋刀魚の蒲焼・浜中ホエー豚の炒め物
鰯フライ・鮭のチャンチャン焼き・香の物
蟹風つみれと大根の煮物・キャベツと油揚げの味噌汁

本当にどれも美味しかったです♪♪♪





ご飯は「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」

3品種用意されていて、どれを食べてもいいんです♪

これは嬉しいですよね〜♪



このように、普段とはまた

少し雰囲気の違うセミナーだったので

お客様も楽しそうにビュッフェを楽しんでいましたね♪♪




ご参加頂きました皆様
本当にありがとうございました。

関係者の皆さん、今回もありがとうございました。

[2017/12/21 14:12 ] | 2015年度のブログ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<親子ごはん塾 | ホーム | 『見直そう「お米」の役割りと北海道米の幅広い用途』セミナー>>
コメント
観光の楽しみといえば、名所めぐりと「食」ですよね。これらが車の両輪としてしっかり機能することにより初めてお客さまに良い思い出を持って帰ることができるのです。
今回、その「食」に関し侃々諤々の勉強会が行われましたが、「食」は実にクリエイティブな観光資源。一流の料理人の創意工夫により、もっと感動的な旅を演出できるはずです。
北海道は本州にはない自然がある、ということでたくさんの観光客がやってきますが、それに傲らず、「食」の創意工夫でも「また来たい」と思わせるようになることを期待します。
[2017/12/21 20:09]| URL | ななりん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad