ミニさっぽろ2017
皆さん、こんにちはー★

渡邊汐里です(*^^*)






先日は札幌でも冷たいみぞれが降って
びっくりしましたね~(><)

と思ったら明日はまた20℃近くなるのだとか。。

気温の変化についていくのが大変ですが、

美味しい新米をたくさん食べて
元気に過ごしましょう!!(*^o^*)







さて、先日9月30日・10月1日の2日間は

札幌市のアクセスサッポロで行われました、

「こどものまち ミニさっぽろ2017」

へ行って参りましたよ~!!





ミニさっぽろは、

子供たちが自分で仕事を探し、

それぞれのブースでお仕事をして、

お給料をもらい、

税金を納め、

手にしたお給料でお買物をしたり、食事をしたり・・・



職業体験や消費体験を通じて、
働くことの楽しさや大変さを経験し、
社会の仕組みを学んでいくイベントです!








北海道米食べ比べブースでは、

「キッズミス北海道米」

「お米食べ比べスタッフ」

お仕事を皆さんに体験してもらいました!(*^^*)







「キッズミス北海道米」のみんなには
ミス北海道米になりきってもらい、

わたしと一緒に会場のステージに立って
ゆめぴりか・ななつぼし・ふっくりんこの
北海道米の説明をしてもらいました!(^^)



本番までボールペンをマイクに見立てて
読む練習をしたり、
一緒に読みあわせをしたりして

20171024sw01.jpg

どの子も本っ当に一生懸命でした~!(;;)♡♡


なんと中には、キッズミスター北海道米もいたんですよ★




みんな緊張しながらも、
しっかりとお米の説明をしてくれましたよ!!(*^^*)

20171024sw02.jpg

20171024sw03.jpg

練習の甲斐あって、
みんなバッチリ読めていました♪







そして、「お米食べ比べスタッフ」のみんなも

食べ比べをしてもらう親御さんたちに配る
お土産を作ったり、

アンケートをバインダーにはさめたり、

アンケートを回収したり、

お土産を渡してくれたりと

それぞれ任されたお仕事を
元気いっぱいお手伝いしてくれました!!(*^^*)



親御さんたちにお土産を渡す時に、

「美味しい北海道米です!!ありがとうございました!!」

と、ひとりひとりに笑顔で、元気良く
渡してくれた子や、



アンケートを回収するときに、

「ご協力、ありがとうございました♡」

と、親御さんたちをメロメロにしていく子・・・



本当に本当に、
どの子も一生懸命で微笑ましかったですね(*^_^*)♡






親御さんたちは柵の外から
子供たちの様子を見ることができるのですが、

キッズミス北海道米のみんなも、
お米食べ比べスタッフのみんなも

自分のお母さんやお父さんの姿を発見すると

「緊張する~♡」

なんて言いながら、一生懸命お仕事をしていましたよ♪


20171024sw04.jpg





この日、みんなが自分でしっかり考えて、行動したこと。

学校や普段の生活ではなかなか体験できない事だったと思います(*^^*)

きっと、一歩成長して会場を後にしてくれたことと思います♪





お仕事体験に来てくれた皆さん、保護者の皆様、
関係者の皆様、ありがとうございました!


渡邊 汐里
[2017/10/24 22:32 ] | 2015年度のブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ホクレンパールライス工場 ファン感謝祭2017 | ホーム | いわみざわ情熱フェスティバル2017>>
コメント
Re: タイトルなし
ななりんさん
コメントありがとうございます★

ここでは色んなお仕事を体験できますが、
確かに「ミス○○」を体験できる機会はそうそうないかもしれませんね(^^)
みんなちょっぴり照れたりしながらも
しっかりと務めてくれましたね♪
2日間たくさんの子供たちと接しましたけれど、
わたしも子供たちに色々と教えてもらった気がします(^^)
ここでの体験が子供たちの心に残ってくれると嬉しいですね。
[2017/10/30 19:00]| URL | ミス北海道米 #- [ 編集 ]
こうやって子供たちに勤労の楽しさと尊さを体験し学ばせる機会を継続的に行っていること、素晴らしいと思います。函館でも一度だけ亀田商工会が企画したことがありますが、二度目が行われず、札幌以上に熱しやすく醒めやすい土地なのだな、と残念に思うものがあります。
さて「ミス北海道米」の体験、他のところで「ミス○○」というものを子供にも体験させるところは聞いたことがなく、おそらく札幌が唯一体験できる機会なのでしょう。だから希望者も多かったのではないでしょうか。制服は着れないまでも、実際にたすきをつけて同じ体験をさせること、憧れの中にも大変なものがあるんだよ、ということを学びとったのではないでしょうか。それはどんな職業でも同じ。皆さんのご両親が大変な顔ひとつせず接してくれることを尊いことと敬い、期待に応える生き方をしてほしいです。
渡邊さんも普段と違って、子供たちに指導する役割を担ったことで、教えることの大変さを身をもって学んだのではないですか?
[2017/10/25 22:38]| URL | ななりん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad