「お米と地元グルメで呼びこむ」地産地消と地域振興セミナー




こんにちは〜♪
岡田紫央里です!

最近の休日は
富良野へ行き、ラベンダーに
癒されてとても
充実した休日を過ごしていました♪



さて、さっそくですが
7月16日に帯広のとかちプラザ1F・大集会室
で行われました

『「お米と地元グルメで呼びこむ」地産地消と地域振興セミナー 』


渡邊汐里ちゃんと行って参りましたので
報告させていただきますね〜♪


このセミナーでは
料理研究家の坂下美樹先生
JTBグローバルマーケティング&トラベルの福井茂晴さん
帯広市内にある
和食店古季庵いろりの代表山内亘さん
をお招きして

調理デモをしたり、インバウンドの現状と食の志向性などについて
お話していただきました!

20160728135114c76-2.jpg



福井先生の話は初めて聞くので
とても新鮮で耳をおもわず傾けてしまう内容でした。

みなさん、北海道には1年で
どれくらいの観光客が来ているのか知っていますか??


なんと、、、

5,377万人!もの人が訪れているのです!


これは平成26年度、年間のデータですが
こんなにも多くの方が
北海道へ来てるとは知りませんでしたよね〜!


気になるその内訳ですが
道内から 4,654万人
道外から 569万人
海外から 154万人

となっているそうです!


これは、富良野に行った私の数も
来年カウントされますね♪笑


そしてですね、
観光総消費額がなんと! 1.3兆円

なんだそうです!!

これには、交通費・宿泊費・お土産代も
含まれています。
おもに60%は外国人観光客の比率です!!


これは、北海道にとってとても重要な事ですよね!
これからどんどんと
北海道への観光客を、増やすべく
様々なツアー内容を日々考えているそうです。

福井さんの話の中でもあったのですが
ポテトチップスの、カルビーさんで使われているじゃがいもを
実際に自分で芋掘りをしてみたり、、、
採った野菜をその場で食べる事ができたり。
体験型のツアーはとても魅力的だな、、、
と感じました!

私、温泉へ行ったり観光地へ行くと
必ずいる外国人観光客のみなさんに対して
少しマナーが、悪いところが
目についてしまったりする事があったのですが
福井さんの話を聞いて
北海道を、活性化してくれる
とても大切なお客様なんだな〜。と
見方が少し変わりました♪♪


観光客の皆さんの宿泊先で、朝食に
北海道米が、使われていて
北海道米の美味しさに気付いてくれて
それを地元へ帰ってたくさんの人に口コミで
広がってくれたら
北海道米が、より海外へ広がっていったり、、、

とても、大事な事ですよね〜!



そして、古季庵いろりの山内さんは
参加して下さった皆様に召し上がって頂いた
『 十勝弁当・オホーツク御膳 』に入っていた
豚丼とチャンちゃん焼きの調理デモを
実演して下さいました!






豚丼に使われていたお米は
『 ななつぼし 』 でしたよ〜♪
ななつぼしはやはりタレ通しが良い事もあり
丼物には最適ですよね♪

色んな品種を食べてみたそうですが
やはり最終的に「ななつぼし」にたどり着いた。
とおっしゃっていました♪

なんと、古季庵さんで出される豚丼のタレには
隠し味として「カンロ飴」が入っているそうです!!

そして!坂下先生の調理デモでは
十勝まるごとあんみつを作って下さいました!

あんみつに欠かせないお団子を
今回は、長芋を使った長芋団子で作っていました♪

私も頂いたのですが、食感もっちりくどくなく
さっぱりとしていたので
個人的には白玉より好きでした♪♪

寒天も黒豆きなこ寒天で
本当に十勝の食材が盛りだくさんでしたっ♪


山内さんの、美味しいお弁当を食べ
さらにデザートで、坂下先生のあんみつ。
参加された女性の皆さんは
とっても美味しそうに嬉しそうにしていました♪♪


私たちミス北海道米
おなじみの北海道米3品種食べ比べを行いました♪
「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」







今回は、奥様方の参加が多かったので
この食べ比べで味の違いやそれぞれの品種の良さを
感じて頂き、
ご家庭でいろいろな品種を食べてくれる
きっかけになったら良いな〜と思っています♪



今回、セミナーに参加頂いた皆様
そして、関係者のみなさん
本当にありがとうございました!

[2016/07/28 13:54 ] | 岡田紫央里 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad