『OKOME de BRUNCH』
皆様こんばんわ☆
宮本美咲です(*^^)v

先日風邪気味ですとブログに書きましたが、
復活しました!笑
これからもっと寒くなるので、きちんと予防しないとダメですね(>_<)


そして、遅くなってしまいましたが、
10月23日放送の『OKOME de BRUNCH』でご紹介させて頂いた
お店のことを書きますね☆

今回は雑誌『poroco』でもご紹介しています、
札幌市中央区にあるお店、小鉢とお酒
【cobaci de cobacini(コバチデコバチーニ)】です。

すごく可愛らしい名前のお店ですよね♪
店内の雰囲気も落ち着きがあり、とてもオシャレなお店でした!


こちらのお店は、名前の通りイタリアン惣菜の逸品を“小鉢”で提供。
小さなポーションで、色とりどり・多種多彩な小鉢が楽しめます。

「肩肘張らない・遊び“勝手”がよい・気が利く」の、
3Kをコンセプトに鋭意営業中のお店です!(^^)!

お酒のおつまみとしてピッタリの「いぶりがっことマスカルポーネ」が人気メニュー!
シンプルに、秋田の名産いぶりがっことティラミス等に使うマスカルポーネチーズを
和えたものです。
また、あまりの柔らかさに箸でも食べられる「ママのスペアリブ」も根強い人気です☆


実はコチラのお店、しばらくの間お米を使ったメニューが無かったそうなんですが、
昨年の忘年会シーズンに鍋コースのシメでリゾットを提供したところコレが大好評!
以後お客様からの強い要望で今回「道産ななつぼしのリゾット」がめでたく
グランドメニューの仲間入りとなりました(^^)/

「道産ななつぼしのリゾット」1200円。
「ななつぼし」とその時々の旬の食材を使った熱々のリゾット。
9月取材時は、果物のように甘いとうもろこし「ピュアホワイト」を使用していました!
炒めたエシャロットの香ばしさと絶妙の火加減で、食材そのものが持つ美味しさを最大限に
引き出したというこだわりメニューです。
ななつぼしを煮込む際に、日本人が慣れ親しんだ「鰹だし」を使っているというのもポイントです!

見た目はシンプルですが、お料理が目の前に来た途端、チーズのいい香りがしてきます☆
実際に頂くと、さチーズのうま味や食材の甘さ、香ばしさなどが口の中いっぱいにひろがり、
「ななつぼし」との相性もばっちりで、とても美味しいメニューでした♪


ご使用の「ななつぼし」についてですが、「ななつぼし」を選んだ理由は、
『粘り気が丁度良く、リゾットのサラっとした食感をうまく引き出せるため。』
そして使い勝手は『まさに狙い通りリゾットにぴったり!程良い甘みやツヤも、
美味しさや見た目の美しさを一層際立たせてくれています。』
ということでとても好感触でした!


最後にオーナーの朴 泰喜(ぱく たいき)さんからメッセージです。
「小鉢やリゾットのみならず各種メニューを取り揃えておりますので、
メインの店に行く前の「ちょっと一杯」、充分に堪能したい時の「メイン使い」、
2軒目・3軒目の「帰り際の一杯」など、まさに“遊び勝手よく”ご活用いただければ幸いです!」
とのことでした☆

okome111023b.jpg
手で小鉢を作ってみました!


今回の取材した内容は、雑誌poroco11月号、そしてporocoのWEBページ
「poroco MIX」にも掲載となっています。
是非覧下さい(*^^)v


小鉢とお酒【cobaci de codacini】
住所 札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル B1
電話 011-252-6789
日曜定休・月曜祝の場合営業し、翌週月曜休み
17:30-25:00(F.L.O24:00/D.L.O24:30)


8.25 FMノースウェーブ『OKOME de BURUNCH』
毎週日曜 11:35~11:45


今後も美味しい北海道米情報をお届けします♪
お楽しみに(*≧∀≦)b゛

宮本 美咲

[2011/10/31 20:35 ] | 2011・2012年度のブログ | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad