「おこめの役割と北海道米の幅広い用途」セミナー 〜地産地消の大切さと地域振興〜in函館
みなさんこんにちは!佐藤香南です(。・ω・。)

今回はフォーポイントバイシェラトン函館で行われました、
「おこめの役割と北海道米の幅広い用途」セミナー
〜地産地消の大切さと地域振興〜in函館

に行ってまいりましたのでそのご報告をいたします!


この日は猛吹雪の函館でしたが、100名以上の方に足をお運びいただきました。
ありがとうございます!(*^^*)


まずは、料理研究家の坂下美樹先生による
「お米は太る?ごはん食の魅力とお米の栄養素」についての講話です。

粒状で血糖値の上昇がゆるやかなお米は、決して太りやすい食べ物ではありません!
和食にすることで栄養バランスもとりやすく、あたたかいご飯は身体を温め代謝を良くする優れものです。
今回参加者の半分以上の方が学生さんという事で、朝食の大切さもお話しいただきました。
朝食にしっかりごはんを取ることで脳も活性化し、学力アップにつながります!



次はテレビなどでおなじみ、食の探究家、学校法人服部学園理事長・校長で医学博士でいらっしゃいます、
服部幸應先生にお越しいただきました。

函館セミナー_ページ_1_画像_0004

服部先生からは、
「食育と健全な食生活」についてお話しいただきました。

"食育"のスペシャリストであります服部先生。世界からみた日本の食育の現状や食事に対する意識の持ち方について、また健康や環境問題など、さまざまな観点からみた食育の大切さについてお教えいただき、大変勉強になりました!


続いては、私たちミス北海道米による北海道米3品種食べ比べです!
みなさんには、ゆめぴりかななつぼしふっくりんこを食べ比べていただきながら、
私たちはステージ上でMCのFMいるか・パーソナリティ佐々木紫さんと一緒に北海道米についてお話しさせていただきました。


函館セミナー_ページ_2_画像_0003


食べ比べが終わりましたらちょうどお昼時。
宮越隆宏料理長による"料理3品試食タイム"

こちらのお料理がふるまわれました!

函館セミナー

右上: 蒸し真鯛の肉みそあんかけ
中央: 若鶏と茄子の揚げ浸し 柚子風味
左上: 豚フィレのチーズ挟みカツ 大葉・味噌風味


今回料理長にはお米に合うバランスの良いお料理を3品ご提案いただきました!
どれもとってもおいしい!(*^^*)
なによりご飯に合いますね♪
それでいてしっかり栄養バランスもとれて、彩り野菜との相性も抜群です♫


そして最後に、ホクレン農業総合研究所食品検査分析センター食品流通研究家に所属されていらっしゃいます、
飯野遙香さんによる「北海道米の業務用途への適性」についてお話しいただきました。

函館セミナー_ページ_1_画像_0006

常時北海道米の適性を研究され、販売拡大に大きく貢献されていらっしゃいます飯野さん。

お寿司や丼物、おにぎりやスープカレーなどのレストランや業者から依頼を受け、
味や食感、具材との相性、タレやお酢と合わせた時のお米の食感など、様々なポイントからぴったりと合うお米を何度もブレンドし適正をはかります。その中から一番適した配合のお米を提供されているとのことです。


たくさん品種がある北海道米だからこそ、このように細かな要望にも応えられる事が強みですね!
私たちが誇りを持ってPRできるのも、飯野さんをはじめ研究開発に携わっている方々の努力があるからこそです。
これからも北海道米がいろんな分野で活躍できるよう一生懸命アピールしてまいります!



今回は服部先生をはじめ、お忙しい中たくさんの講師の方にお越しいただき、大変貴重なお話しを聞くことができました!
食育に関わる者として私たちもしっかりと正しい知識を身につけ、お米をたべることの大切さをお伝えしていきたいと思います(*^^*)


ご参加頂きましたみなさま、
講師の先生方、関係者の方々
誠にありがとうございました😊


佐藤香南
[2018/12/12 18:50 ] | 佐藤香南 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad